黄ぐすみ 特徴 対策 ケア

黄ぐすみの特徴とケア方法

加齢に伴い、肌色が黄色く、くすんでいく現象を黄ぐすみと言います。
30台後半から、徐々に肌の黄みが強くなっていくことが多いようです。

 

黄ぐすみの原因は一体何でしょう?
糖化
簡単に言うと、体内のタンパク質(コラーゲンなど)と食事などで摂取した糖が結びつくこと。
血中のブドウ糖があふれ出し、加齢などによる代謝の低下が重なると、本来代謝されるべき糖が、体内のタンパク質に結びつくことを言います。
糖化が起こるとにより作られる生成物が、活性酸素などの影響を受けさらに反応が進み、AGEs(エージス、エイジス、エイジズ、エージーイー)が出来ます。
「AGEs(エージーイーズ)」は黄褐色の物質で、年齢とともに蓄積しやすくなり、肌色が黄色くにごります。
AGEsは身体のサビとも呼ばれます。
AGEsが蓄積することで、肌色だけでなく、血管、目や筋肉など、体内の種々のタンパク質が褐色化します。
そして、活性酸素による細胞障害を加速し、機能を変性・劣化させていきます。
糖化が進むと、骨粗しょう症など、生活習慣病のリスクが高まります。
そして、AGEsは糖尿病、アテローム性動脈硬化症、慢性腎不全、アルツハイマー型認知症などの病気を悪化させると言われています。

 

黄ぐすみのケア方法

黄ぐすみ 特徴,対策,ケア
黄ぐすみがある場合、このように糖化やAGEsが原因ですから、まずは食生活から見直しましょう。
体内のタンパク質が糖化しても、初期の段階で糖の濃度が下がりさえすれば、元の正常なタンパク質に戻ることができるのです。
高濃度の糖がある程度の期間さらされると、毒性の強い物質に変わってしまい元には戻れなくなります。
糖化を防ぐには、何より食後の血糖値が急にに上がらないようにすることが大切です。

 

食事を摂るときに野菜⇒肉・魚⇒炭水化物(ごはん)”という順番にするだけで、血糖値の急な上昇が抑えられるそうです。

 

また、ビタミンB6 や桜の花エキス、サラシアなどAGEsの生成を阻害すると報告されていますので、食事やサプリなどで摂り入れましょう。

 

コウジ酸は、臨床試験においても肌を明るくする効果が認められてきました。改めてデータをとり続けた結果、黄ぐすみのもとAGEsの産生を抑える、抗糖化作用もあることが明らかになっています。

 

黄ぐすみのお手入れには、コウジ酸
コウジ酸は、臨床試験で肌を明るくする効果が認められてきた美白成分です。
コウジ酸は、黄ぐすみのもとAGEsの産生を抑える、抗糖化作用もあることがデータにより明らかになっています。

 

 

page top