そばかす 特徴 ケア

そばかすの特徴とケア方法について解説します。

そばかす, 特徴,ケア
そばかすって、歌にもなるし、アニメの主人公とか、雑誌なんかではソバカスいっぱいのかっこういい外国人のモデルさんとかいてちょっとチャーミングなイメージを持つ人も少なくないと思います。
私は、そばかすはないのですが、そういうものから、ちょっと憧れたりする気持ちも10代の頃ありましたね。
でも、そばかすのある人からすれば、ソバカスは厄介なものかもしれません。

 

そばかすは医学的には「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれます。

 

そばかすと一般のシミの違いは、それが、遺伝によるものであるか、そうでないかです。
顔に生じる直径数ミリ以下程度の丸い斑点のような茶褐色の小さな斑点です。
頬や鼻の周りなど、顔に多く現れますが、胸元、手足など、普段紫外線に当たる身体にも見られます。

 

そばかすが現れる時期は幼少期からで、10代の思春期にかけて徐々に濃くなっていきますが、それ以降は加齢に伴い薄くなっていくこともあるのが特徴です。
そばかすは遺伝によるものが多く、色白で乾燥肌の女性に多い傾向があります。

 

大人になってからできるそばかすは、紫外線からのダメージによるもの。
紫外線からメラニンが増えるためです。
紫外線の影響で増えたり、濃くなったりしますが、ホルモンの影響を受けるため加齢とともに徐々に減っていくこともあります。
そばかすの主な原因は遺伝ですが、紫外線を浴び続けることによって症状が悪化することがあります。
また、この他にも、女性ホルモンの変化やストレス、睡眠不足などがそばかすを悪化させる原因で、そのため妊娠中の女性はそばかすが目立ちやすくなる傾向にあります。

 

そばかすって消せるものなのでしょうか?
専門家によると、そばかすを消すのは難しいそうです。
ただ、ソバカスが濃くなったり増えたりする原因は紫外線です。

 

そばかすをなるべく薄くするには紫外線対策、メラニンを作らせないこと。

そばかすのケア方法

  1. 内服薬で身体の内側からのケア
  2. そばかすの素となるメラニンを抑制する働きのあるアミノ酸の「L-システイン」、色素沈着を防ぐ「トランサミン」、美白効果とコラーゲンの生成もや抗酸化作用のある「ビタミンC」などが効果的です。

     

  3. 化粧品など外からのケア
  4. レチノイン酸はメラニンを外に排出するのを助けてくれます。そして、肌のターンオーバーを促進するピーリングのような役目があります。
    ハイドロキノンは肌を白くする最強の美白成分です。
    ハイドロキノンはメラニンを抑制し肌を白くします。でも、効果が高い反面、人によってはアレルギーなど、逆に肌トラブルがある場合があるので、医師の処方や、使用方法に気を付けなければならない成分です。

 

そばかす, 特徴,ケア

 

他にも、大人になってからのそばかすはホルモンの影響の可能性もあるため、ストレスをためないこと、ビタミンCやEなど、メラニンを抑制してくれるものを普段から食生活に取り入れるなど、気を付けてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

page top