美白 成分 比較 効果

美白成分の効果について解説します。

美白成分の比較と効果記事一覧

常緑針葉樹であるヨーロッパアカマツに含まれるピノシンピンをもとに合成した成分です。別名をフェニルエチルレゾルシノールといいます。ハイドロキノンより刺激も少なく、トコフェロール(ビタミンE)と同等の抗酸化力があることから、非常にバランスの取れたアンチエイジング美白成分と言われています。美白効果はハイドロキンの2100倍、アルブチンのおよそ7000倍とも言われます。美白成分には、それぞれの特徴を生かし...

マリンプロテインエキストラクトとは海洋複合酵素で海由来の酵素が肌に働きかけ、シミを薄くしたり、肌を白くするのに役立つ成分として注目されています。深海に住む生物から抽出されたたんぱく質成分であるマリンプロテイエキストラクトは天然由来の酵素。酵素は、今では、私たちの身近なところ、スキンケアや食品、洗剤にいたるまで、ほかにも様々用途に利用され、活躍するようになりました。そして、「マリンプロテインエキスト...

トラネキサム酸は、人工合成されたアミノ酸の一種で、色素沈着抑制効果をもつ成分です。主に、肝斑に効果を発揮する改善薬として認められている成分で化粧水などの美白有効成分として、美白ケアとしても注目されています。もともとは抗炎症薬や止血剤として医療の現場で使われてきた薬です。じんましんの治療として患者さんへ処方したときに、肝斑の改善にも効果があることが発見され、2007年に一般用医薬品として新たな効能が...

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われるほど強力は美白作用があり、その漂白作用を利用し、医薬部外品の美白剤として皮膚科でも処方されたり、美白化粧品などに利用されています。ハイドロキノンはイチゴや麦芽、コーヒーなどにも含まれる天然成分です。ハイドロキノンには還元作用があり、写真の現像やゴムの酸化防止剤としても使用されてきました。現像していた人の肌の色が白くなったことから美白作用があることがわかりました...

ビタミンCは水溶性のビタミンの一種です。化学名では L-アスコルビン酸を指します。私たち人間は、このアスコルビン酸を体内で生成できないため、食品などから補う必要があります。自然界に存在する弱肉強食の世界では、多くの動物はアスコルビン酸を体内で生合成できるため、わざわざビタミンCを摂る必要はありません。肉食動物が、このいい例です。多くの哺乳動物では、体内でブドウ糖からビタミンCを合成することができる...

レチノイン酸とは ビタミンA誘導体のことです。レチノイン酸は、レチノールの約100倍の薬理作用を持つとされ、アメリカでは、ニキビ治療薬として処方されていました。強力な皮膚のターンオーバーの促進作用があるため、シミ、しわなどのを改善するクリームに配合されることがあります。日本では、レチノイド外用薬として厚生労働省への承認申請が行われていないため、レチノイン酸配合のクリームを購入するためには輸入品しか...

コウジ酸は三省製薬株式会社が、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える作用があることを発見し、美白剤として開発された成分です。肌に浸透しやすい分子構造で、メラノサイトまできちんと届くのもポイントです。コウジ酸の優れた点は、日常見られる様々な色素沈着への有効性が数多くシミやくすみ、ニキビ痕、そばかすなど、あらゆる色素沈着に期待できるというところです。シミが薄く、目立た...

アルブチンはコケモモやリンゴンベリー、サンタベリー、ウワウルシ、梨などに含まれる天然成分です。メラニン合成に関わるチロシナーゼに直接作用し、メラニンの合成を阻害するため、美白効果があるとして、美白化粧品などに利用されています。アルブチンは1989年に厚生労働省が美白成分として承認し、大手化粧品会社から美容液などが発売されたことで注目されるようになりました。アルブチンには2種類あるアルブチンにはβ型...

エラグ酸は野菜や果物を含む植物で見つかっている天然フェノール系の抗酸化物質です。イチゴ、ラズベリー、クランベリー、ブドウ、 その他、ブラックベリー、クルミ、ペカン、ザクロ、クコなどにも含まれます。エラグ酸の美白作用メラニン色素の生成を抑制する効果があります。私たちの皮膚は紫外線を浴びるとチロシナーゼという酵素が活発になり、表皮の一番下の基底層にあるメラノサイトでメラニンという色素を生成します。肌の...

化粧品としてのプラセンタの効果は、きめ・毛穴・赤みなど肌トラブルの改善効果を認める報告があります。また、皮膚炎症の改善効果やメラニンの生成抑制効果、ターンオーバーの促進効果についても効果が期待されています。美白効果と美肌効果がともに期待できる成分なのです。アンチエイジング効果も評価されていて、美容外科でも使用されていることは、もう知られていますね。しわの原因となるコラーゲン分子の光老化を抑制する効...

page top