美白 成分 比較 効果

コウジ酸の美白効果と注意点

コウジ酸は三省製薬株式会社が、メラニン合成酵素であるチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの生成を抑える作用があることを発見し、美白剤として開発された成分です。

 

肌に浸透しやすい分子構造で、メラノサイトまできちんと届くのもポイントです。

 

コウジ酸の優れた点は、日常見られる様々な色素沈着への有効性が数多くシミやくすみ、ニキビ痕、そばかすなど、あらゆる色素沈着に期待できるというところです。

 

シミが薄く、目立たなくなるとともに、年齢とともに黄みがかった肌色(黄ぐすみ)まで、透明感がでることも明らかに。

 

コウジ酸の成分がどのようにシミに作用する?
コウジ酸の最大の特徴は、メラニンをつくる酵素の働きを抑えるだけでなく、メラニンの生成が始まる前に先まわり、早い段階からシミの原因にアプローチするということ。
コウジ酸,美白,成分,比較,効果
中でも、メラニン生成を促す「情報伝達物質の産生」「活性酸素の発生」「炎症」の3つのダメージを効果的に抑制し、メラニン生成を未然に防ぎます。
こうしたメラニン生成をいち早く食い止めるちからが、濃く広がるシミに働きかけ、肌本来の色に導く高い美白力につながります。

 

コウジ酸のは美白とともに、肌の弾力やハリまで守る。
光老化という言葉をご存知ですか?
紫外線のダメージはシミだけでなく、シワやたるみの原因にもなりますね。
それは、紫外線を浴びた肌にできる炎症から生まれる活性酸素が原因の一つ。
老化促進物質ともいわれる活性酸素ですが、活性酸素は、お肌の弾力を守るコラーゲンの減少をおこすきっかけをつくるのです。

 

コウジ酸には、炎症を防ぎ、活性酸素の産生を抑える働きがあります。
それはつまり、美白しながらお肌のハリや弾力を守ることにつながります。
実際、臨床試験においてお肌に現れた結果でも証明されています。

 

 

年齢とともに肌色が黄色く、くすんでいく黄ぐすみという現象。実は、最近話題の「糖化」が関係します。
糖化は、体内のタンパク質(コラーゲンなど)と食事などで摂取した糖が結びつくこと。誰にでも起こる自然な反応ですが、糖化の際につくられる「AGEs(エージーイーズ)」という黄褐色の物質が年齢とともに蓄積しやすくなり、肌色が黄色くにごります。
コウジ酸は、臨床試験においても肌を明るくする効果が認められてきました。
改めてデータをとり続けた結果、黄ぐすみのもとAGEsの産生を抑える、抗糖化作用もあることが明らかになっています。

 

コウジ酸の注意点

2003年3月厚生労働省の通達によりコウジ酸は医薬部外品(薬用化粧品)への使用が一旦中止されました。
動物実験で肝がんを引き起こす可能性を示唆する報告がなされたためです。

 

でも、その後マウスやラットの肝臓への影響は、外用ではなく、高濃度での混餌投与(1〜3%)でみられた知見だったことがわかり、開発元もさらに追加試験し化粧品としての安全性が認められコウジ酸配合化粧品(医薬部外品)の製造販売の再開が認められました。

 

また、実験を重ね、コウジ酸は色素細胞を傷つけず、メラニン色素だけを抑制する安全性の高い美白成分という事がわかっています。

 

ただ、いろんな成分にも言えることですが、適正量を守り使用することは大切です。

 

 

 

page top