炎症性色素沈着 特徴

炎症性色素沈着の特徴とケア方法

炎症性色素沈着,特徴,ケア

ニキビやかぶれ、傷、火傷、虫さされなどの炎症が起きると、

お肌は新しい細胞を作り、炎症によるダメージを回復しようとします。
その時、表皮にあるメラノサイトが刺激をうけて、
メラニンを過剰生成させてしまうことあります。
このように過剰生成されたメラニンがうまく排出されず、
肌内部に蓄積されてシミになったものを「炎症後色素沈着」といいます。

 

私たち日本人は黄色人種で、黒色メラニンが多いため、
炎症後色素沈着が目立ちやすいと言われています。

 

ニキビを潰した後にシミになりやすいのは
紫外線から刺激を受けて炎症したところが色素沈着を起こしやすくなるからです。

 

また、洗顔や、クレンジングなどで肌を擦りすぎたりと
誤ったスキンケアを続けていると炎症を起こし、色素沈着が起きることもあります。

炎症性色素沈着,特徴,ケア

私は20代の頃、ニキビと間違ったニキビケアで広がってしまった毛穴の開きが悩みで、
TVで誰かが言っていた、顔を引き締めるためにパンパン叩くということをやっていました。
それを見た妹に、そんなに叩いたら肌に良くないよと言われたのですが
それから、首より上、顔が赤く黒くなってしまったのです。

 

知らないってほんと怖いことです。

 

刺激の強い化粧品、毛抜きの使用による刺激や、
ピーリングなどによる見た目にはわからない程度の炎症が長期的に続いた場合
炎症性色素沈着は時間の経過とともに自然に消える場合が多いようですが
消えるまでに数年かかったり、場合によっては、日焼けなどによりかえって
濃くなり、消えにくくなることもあります。

 

炎症性色素沈着のケア方法

外用としては、トラネキサム酸・ハイドロキノン・トレチノインでケアすることが有効です。
炎症を抑え、メラノサイトの働きを抑制、美白作用、そして、皮脂の分泌を抑制し角質除去を促す、
炎症性色素沈着を改善するための一連のケアをすることです。

 

色素沈着を濃くしないための紫外線対策
炎症後色素沈着は、炎症部分が紫外線を浴びるほど、その色味が濃くなり、目立ちやすくなります。
ですから、炎症後色素沈着が出来てしまったら、紫外線対策を徹底的にすることが大切です。

 

また、炎症中の場合にも、シミの色みが濃くなる可能性があるので紫外線対策は必須です。
UVケアは必要ですが、炎症部分が悪化してしまっては元も子もないので
肌への刺激が強い日焼け止めクリームなどの使用や洋服による摩擦も注意すべきポイントだと言えます。
炎症部分は、優しく保護し、外部からの刺激を受けないよう心がけましょう。

 

炎症後色素沈着を薄くするためには、メラニン色素を肌の外に排出する必要があります。
そのため、ターンオーバーの正常化がとても重要になります。

 

黒色メラニンの生成を抑制するために、ビタミンCを多く含む食品の摂取もおすすめです。
そして、ターンオーバーのはたらきをサポートするL-システインが含まれている食品なども一緒に補うと一層、効果的。

 

炎症性色素沈着,特徴,ケアターンオーバーを正常にするには?
【ターンオーバーが滞る主な原因】
■生活習慣の乱れ
睡眠不足、運動不足、偏った食生活、喫煙 など
■間違ったスキンケア
十分に洗顔できていない、保湿が足りない、肌にゴシゴシと摩擦を加えているなど
■ストレス
■紫外線

 

これらに気を付けていれば、肌にも健康にもいいこと間違いなしですよね。

 

睡眠不足はお肌の敵と言いますし。

 

炎症性色素沈着のその他の治療方
顔など、目立つシミを、どうしてもすぐに消したい。
ケアしても、なかなか改善しない。
などの方は、皮膚科でレーザー治療という方法もあります。

page top