老人性色素斑 特徴 注意点

老人性色素斑の特徴とケア方法

正式には日光黒子で日光性黒子、老人性色素斑ともいわれています。
一般的には、老人性色素斑という方が、なじみがあるでしょう。

 

数ミリのものから数センチの大型のものもあり、長年、日に当たった部分の皮膚に生じます。
淡褐色〜濃褐色の色素斑で、顔以外にも手、背、前腕、上背などの露出部に多いとされます。
特に中年以降に増え、主に紫外線が原因とされています。

 

早ければ30歳台で、多くは40歳以降に顔面・手背・前腕など日光(紫外線)にあたるところに現れます。
比較的濃い褐色をしていて境界もはっきりしているシミです。

 

紫外線に長期間暴露されたことにより、皮膚の表皮細胞が光老化し色素細胞(メラニン細胞)を活性化して過剰なメラニンを作らせます。
ですから、今できているシミは5〜20年の間に紫外線に当たった影響がでているというわけです。

 

私は20代代半ば過ぎに頬骨の高いところのこめかみあたりにシミに気づいたのですが、
ほんとに早い段階で現れたということですね。

 

小中学校の頃から、夏は水泳、陸上で長距離の練習など
そのころは紫外線のことなど全く気にせず日光にさらされた毎日をおくって来ました。
日に焼けると、皮がむけたりしていましたが、子供でしたし、日焼け対策など全くしなかった結果
こんなシミが出来てしまったんですね。

 

紫外線にあたった肌は、肌細胞を守るためにメラノサイトを活性化させて黒色メラニンを生成します。
つくられた黒色メラニンは、本来なら肌のターンオーバーによって角質とともに垢となって排出されます。
しかし紫外線を過剰に浴びたり、加齢などによる肌代謝の機能が低下してしまうと、黒色メラニンの生成が過剰になり、ターンオーバーで排出しきれなかった黒色メラニンが色素沈着として肌に残り、シミになります。

 

このように、老人性色素斑のシミの原因は、メラニン細胞の異常と表皮細胞が正常に働かなくなったからです。
シミを取り去るには、紫外線で老化したこれらの異常細胞を破壊し、正常で健康な細胞に置き換えること。

 

老人性色素斑のケア方法

出来てしまったシミを薄くするには、肌サイクルを正常に戻すこと。

 

ビタミンCは、抗酸化作用もあり、コラーゲンを合成するのにも必要な成分です。
また、ビタミンEの再生機能も美肌に不可欠と言われています。

 

紫外線によるダメージのための抗酸化。
紫外線を浴びると活性酸素が発生します。
活性酸素が増えすぎると、細胞がダメージを受け肌トラブルがの原因になります。
活性酸素を除去する抗酸化作用があるものを身体の内側、食品などから取り入れることも大切です。
ポリフェノールややリコピンなど、活性酸素を除去する抗酸化作用があるので、トマトや緑茶など、積極的に摂り入れたいですね。

 

また、レーザー治療などは有効な治療になります。

 

老人性色素斑の注意点

高齢になると、ほとんどの人は身体のどこかに、この老人性色素斑があります。
長年放置するといぼ状に隆起し、脂漏性角化症という老人性のいぼに進展することがあります。
普通は痛み・かゆみなどの自覚症状はありません。

 

主に紫外線が原因ですから、日光に当たらないこと、UVケアをすることで進行を遅らせることが重要になります。

 

老人性色素斑を消すために、レーザー治療などは有効な治療になります。
でも、老人性色素班と一緒に肝斑が併発している場合があります。
肝斑は強いレーザー治療で悪化することがあるので、注意が必要です。

page top